冠婚葬祭の時に身につけるネックレス

王室や皇室の方は公式の場で必ずと言っていいほど真珠を見つけています。
慶事でも弔事でも使えるアクセサリーは真珠だけと言われるように、上品な雰囲気を持つ真珠は、1つ持っていればどんな冠婚葬祭にも対応できます。
その理由から20歳の誕生日に真珠のアクセサリーがプレゼントされることがあります。
お祝いの席では華やかさが大切なので艶のある輝きのよいパールを身につけることができます。
真珠は涙を象徴するジュエリーでもあり葬儀の場でも用いられます。
葬儀の場では、黒、白、グレーの3色の真珠が良いされていますが、黒真珠以外はマナー違反とされている地域もあります。
ヨーロッパでは涙の数だけと言われ連のネックレスを身につけることもあります。
日本では真珠の2連には友引や繰り返しの意味があるため身につけるのは、控えたほうが良いでしょう。
このように国や地域、家庭や世代によっても様々な考え方があるので注意しなければなりません。