冠婚葬祭で使用するアクセサリーのマナー

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭の場では、アクセサリー類一つ一つにもマナーがあります。
まず、お葬式の場合は、和装の喪服ではアクセサリー類は着用しないことがマナーです。
洋装の喪服の場合は、洋服が「ジュエリーを付けて初めて完成される」と言われており、故人や遺族への敬意の表現にもなるので、ネックレス程度であればジュエリーを着けても構いません。
しかし、必ずしも着けなければいけないというわけではなく、着けなくても問題はありません。
ここで、着ける場合に気を付けなければならないのはアクセサリーの種類です。
真珠の一連ネックレスは「月の涙」「涙の象徴」とも呼ばれているのでお葬式にも使用できます。
ただし、二連になっているものは不幸が重なるとされていたり、真珠が大きすぎるもの、ロングネックレス、派手な色の真珠はタブーとされているので、気を付けましょう。
結婚式の場でも、和装の場合はアクセサリー類は結婚指輪程度にし、その他のアクセサリー類は控えましょう。
洋装の場合も、一番フォーマルなアクセサリーは真珠となっていますが、お葬式とは違いお祝いの場として華やかなアクセサリーでも構いませんので、服装に合ったアクセサリーを身につけると良いでしょう。