冠婚葬祭の服装マナーについて

人間誰しも必ず一度は経験する出来事、冠婚葬祭。
結婚式や七五三、葬式など人生の節目で発生する重要なイベント事になります。
一言で冠婚葬祭と言っても上記のように様々な種類があり、またそれぞれ細かくマナーなどが決まっています。
一族の伝統や家族関係などに依存するので、どの家でも必ず決まったルールというわけではないですが、日本人の認識として一般的なマナーは守る必要があります。
結婚式については晴れやかな舞台でもありますので、場の雰囲気と周りの方に不快にならなければ服装なども大きな問題はないのですが、問題は葬儀のマナーです。
葬儀は故人の死という非常に厳粛なムードに包まれた儀式となりますので、もし万が一、不快な服装や行動をとったりすると家族間の問題になる可能性もあります。
たとえば、葬儀ではネックレス一つでもマナーが厳しいです。
通常は、パールのネックレスであればマナーの範囲内ですが、キラキラした感じのネックレスや装飾品を身につけると周りからマナー違反として顰蹙を買う可能性が高いです。
冠婚葬祭は通常の生活にはあまり関係なく、時には突然発生するものではありますが、周りのことを考えて正しくマナーを理解する必要があります。